女性にピッタリの香水とは?選び方やつけ方など香水の基本を伝授!

公開日:2022/11/15   最終更新日:2022/11/18


香水を使うのが初めてという場合、どのような香水を選んだらよいのか悩むのではないでしょうか。香水はとてもたくさんの種類があるので、自分に合う香水を見つけるのは大変ですね。この記事では、女性におすすめの香水と、香水をつける際のポイントなどをお伝えします。香水選びで悩んでいる方は参考にしてください。

女性におすすめの香水

女性に人気の香水は、フローラル系やシトラス系、オリエンタル系、ウッディ系、フルーティー系などいくつかあります。香水は1種類の香りで構成されているのではなく、さまざまな香りをブレンドして作られているので、同じフローラル系でも気に入ったフローラル系もあれば、やや苦手と感じるフローラル系もあるでしょう。

女性が香水を選ぶ際は自分が気に入った香りであることは大事ですが、プライベートだけでなく、仕事で使用しても問題ない香りなのかということも考えて選ぶ必要があります。また、香水は香りが3段階で変化するので、香りの変化も確認する必要があるでしょう。

女性の香水の選び方

女性の香水を選ぶ際の選び方についてまとめます。

なりたい自分に合わせた香水を探す

香りはその人の雰囲気を印象に残す役割も果たしてくれます。どのような女性に見られたいのかという点から香水を選んでみましょう。可愛らしい感じだと、フルーティーフローラルが人気となるうえ、華やかな感じだとフローラル系が人気です。元気な感じはシトラス系がおすすめです。

テスターを使う

店頭で香水を購入する場合、テスターがあるでしょう。テスターで香りを確認しましょう。テスターがない場合は、香り見本がないか店員さんに尋ねてみてください。香りが分からないまま購入するのは避けましょう。

利用用途に合わせて選ぶ

プライベートで使うのか仕事で使うのかで選ぶ香水は変わってきます。併用したい場合は、どちらでも使いやすい香りを選びましょう。

女性の香水のつけ方

香水をつける場合、どの部位にどれくらいの量を使うのかはとても重要です。女性が香水をつける場合、どのようにつければよいのかまとめます。

保湿してから使うと長くもつ

肌を保湿してから香水を使用すると、香りを長持ちさせることができます。肌が乾燥していると、早く香りが飛んでしまうので注意しましょう。ただし、保湿する際は無香料の保湿剤を使用してください。

体温が高い部位につけよう

香りを持続させたいなら、体温が高いところにつけるのがよいです。少量でも香りがしっかり漂います。ただし、汗をかきやすい場所は汗に混ざってしまい、香りが変わる可能性があるので注意しましょう。

こすらない

香水をつけた後にこすってしまう人がいますが、こすると香りが飛んだり、変化したりしてしまうことがあるのでこすらないようにしましょう。

耳の後ろにつけるとよい

香水は、耳の後ろにつけることで、ふわっと香りを出せます。つけすぎると自分が香りに酔ってしまう場合があるので、少量を手にとって耳の後ろになじませてください。練り香水やロール香水は耳の後ろに使いやすいです。

下着につける方法も

香りを周囲に広げない工夫として下着につけるのもおすすめです。ただし、シミになる可能性もあるので、事前に目立たないところで確認しましょう。

ほんのり香るのはお腹

手首・足首につけると、周囲に香りが広がりやすいです。香りをふんわり持続させるならお腹がおすすめです。

香水をつけるときの注意点

自分が好きな香りでも、場所によってはふさわしくない場合があり、周りにいる人に不快感を与えてしまう可能性もあります。香水をつける際は、下記のようなシーンではとくに注意が必要です。

お通夜やお葬式

お通夜やお葬式では香水は避けましょう。おしゃれをして行く場所ではないので、香水も必要ありません。

会食の場合

ビジネスでの会食では、できれば香水を避けましょう。食べ物の香りと香水の香りが混ざってしまう可能性があります。身だしなみとしてつけたい場合は、強くない香り、食事に影響しない香りを選んでください。

オフィスでの香水に注意

匂いによって相手に不快感を与えてしまう“スメハラ”という言葉があります。オフィスではとくに注意したい点です。汗や体臭も気になるものですが、香水の香りや柔軟剤の香りで気分が悪くなる人もいるのです。強い香りではなく、ほんのり香る程度のものを選びましょう。

妊婦さんのいる場

妊娠中は、においで気分が悪くなってしまうことが多いです。妊婦さんがいる場では、香水は避けましょう。

人が多い場所

満員電車など人との距離が近く人が多い場所では、香りに注意しなければいけません。強く香りが出ないモノを身につけましょう。

まとめ

女性にぴったりの香水の香りや選び方、そして選ぶ際やつける際の注意点をお伝えしました。さまざまな香水があるので、自分がどのような香りが好きでどのような香りが苦手なのか知ることからはじめましょう。香り診断などもあるので、利用してみると自分の香りを知ることができます。香りを試す際に、量り売り香水やサブスク香水も便利なので、これらも利用してみるとよいでしょう。

おすすめ関連記事

検索

【NEW】新着情報

香水を使うのが初めてという場合、どのような香水を選んだらよいのか悩むのではないでしょうか。香水はとてもたくさんの種類があるので、自分に合う香水を見つけるのは大変ですね。この記事では、女性にお

続きを読む

お気に入りの香水があるという人もいれば、なかなか好きな香りの香水が見つからないと悩んでいる方もいるでしょう。香水はたくさんの種類があるので、お気に入りの1本を見つけるのに時間がかかってしまい

続きを読む

香水は、身にまとうだけでなくお家で楽しむという使い方もあります。コロナ禍で外出することが少ないと、香水をつけて出かけることも減ってしまいますね。しかし、お部屋でリフレッシュする際に香水を使う

続きを読む

香水はさまざまな種類があるので、購入する際にテスターで香りを確認する人は多いのではないでしょうか。しかし、時間の経過とともに香りが変化するものが多いので、テスターで試しただけではなかなか香り

続きを読む

香水と一口にいっても香りの強さや持続力により、パルファム、オーデパルファム、オードトワレ、オーデコロンの4種類に分類されます。本記事では、それぞれの種類の特徴とともに基本的な付け方を解説しま

続きを読む

香水は1つボトルを購入するとあまってしまうこともあります。使っている香りに飽きてしまって新しい香水を買ってしまうという人もいるでしょう。しかし、あまっている香水ももったいないのでなんとか使い

続きを読む

香水が好きでたくさん集めているという方もいるのではないでしょうか。香水をコレクションしている場合、注意したいのが保管方法です。香水は開封したら少しずつ劣化が進みます。そのため、正しく保管して

続きを読む

香水には、オーデコロン・オードトワレ・オードパルファン・パルファンと言った種類がありますが、種類によって香りの持続時間に違いがあります。そしてそれぞれの香水はずっと同じ香りが持続するわけでは

続きを読む

香水はボトルを丸ごと購入するイメージが強いですが、使い切るのに苦労する方も多いのではないでしょうか。香水をたまにしか使わない、いろいろな香りを試したいと考える方の中には、小分けになっているも

続きを読む

魅力的な香りを身にまとい、特別感を演出できる香水はコレクションしている方も多いのではないでしょうか。香水が好きな方であれば小分け製造と分割販売という言葉を聞いたことがあるかもしれませんが、違

続きを読む